【不動産リスク】ドラマ“正直不動産”に学ぶ不動産選びの落とし穴〜第2話〜

ドラマ

◆ドラマ『正直不動産』とは?

山Pこと山下智久さん主演のNHKドラマ『正直不動産』。
不動産会社で、9割ウソの営業トークで常に成績トップの主人公が
ある日突然ウソがつけなくなってしまい・・・
そんな状況で果たして営業はできるのか??!
といった内容のドラマで、これがなかなか面白いのです。

なんといってもドラマ中に目まぐるしく出てくる
不動産の営業テクニックが目からウロコなことばかり。
営業さんはウソはついていないけれど
契約書に小さく書かれている買う側が不利になってしまうかもしれない重要事項についてはあえて触れなかったりなど、、、
なんだかリアルで知らないと怖いな〜と思わされることが多く、
かなり勉強になるんですよね。

とにかく知っておいて損はない知識が盛り沢山のドラマです。

◆不動産営業テクニック

心理学のアンカー効果という手法
新人の月下は予算12万円のお客さんに対し13万円の物件を『少しオーバーしてしまいますが・・・』と紹介。
それに対して現在主人公を抜いて成績トップとなった桐山は最初に『相場なら15万円する物件が13万円なんです』と紹介。

同じ13万円の物件なのに後者の方が安く感じる。

◆【マンション売却】一般媒介契約と専属専任媒介契約どちらが良いの?

媒介契約とは
マンションを売却する際、お客様を保護し取引の安全を図るために不動産会社と客との間に媒介(仲介)契約を結ぶことが義務づけられている。
その媒介契約にも『専属専任媒介契約』『専任媒介契約』『一般媒介契約』と3つの種類がある。

『専属専任媒介契約』『専任媒介契約』・・・不動産屋1社と契約
一般媒介契約』・・・複数の不動産屋と契約

不動産屋はお客さんにどちらを勧める?
ウソがつけない主人公は、複数の不動産屋と比較ができて一番高いところを選べる
一般媒介契約』を勧めた。
普通に考えてそっちの方がお客としては嬉しいですよね。
しかし!ライバル桐山はそのお客様に『専属媒介契約』を勧め、話を聞いたお客様も納得して「ぜひ桐山さんに担当してもらいたい」という展開に。
桐山の腹の中は…
“複数の不動産屋で比較して他社で売却を決められてしまうと、その会社に手数料が支払われ自分の会社には1円も入らない。会社が儲かるためには専属媒介契約をしてもらわなければ”

まあ営業マンとしては当然か。

そしてお客様には
『一般媒介契約の場合、売った不動産屋だけが総取りする戦いに本気で参戦する不動産屋はなかなかいない。だから専属や専任に比べてどこも本気で売らず優先順位の低い案件になる。その結果いつまで経っても売れない状況が続く。
といった趣旨の話をした。
モノは言いようですね。

◆我が家の不動産購入エピソード

我が家は半年前に中古マンションを購入しました。

少しでも安く購入したいな〜
といろいろと考えていましたが思い浮かばず…

思い浮かんだのは…
空き家
・駅から遠い
・築年数が古い
などなど・・・
物件の条件を下げることのみ。

せっかくマイホームを買うのに妥協だらけではね〜笑

そこで!
結局やることは『直接の値下げ交渉』という戦術ww

内覧初日に、不動産屋に
「〇〇〇万円下げてくれたらスグに契約したい」
「売主さんと相談して欲しい」
と旦那が懇願!

不動産屋から
「売主さんが依頼してる仲介さんにすぐ問い合わせますね」と返答。

???

買主と売主で業者が違うことを知る。

結局、数日経っての返答はお決まりの…

「値下げは難しいです〜」
「他に買いたい人が出ました〜」
「今ならまだ買えますよ〜」

う〜〜〜〜む。

本当に値下げ交渉してくれたのかな〜??
本当に他に買いたい人が出たのかな〜??

などなど、、いろいろ疑惑は感じましたが!

買いたい物件だったので
最初の値段で契約となりました。

すったもんだがあったのはこの数カ月後…


契約から帰ってきた旦那の話を聞いてザワザワ…

旦那は内覧翌日に、自分が利用した大手不動産仲介サイトとは異なるサイトで
購入希望物件の掲載を発見していたそうで。

そこに載ってた連絡先は自分が利用した不動産屋ではなかったとのこと。

なので値下げ交渉はこの不動産屋さんにしてくれたはず

ですが・・・

契約日には売主の代理でその不動産屋が来たのですが

買主(私達)側と売主側の不動産屋は親しげではなく

「あれ??こりゃ値下げ交渉してないな???」と旦那は感じたそうで…笑

まんまと焦らされちゃったのかもな〜と私達。

希望の物件を買えた嬉しい気持ちと疑惑を感じる契約になんともな雰囲気でした。

ドラマを見てから振り返ると…

私達が頼んだ業者さんは私達からしか仲介手数料を取れない。

となると物件価格は高いほうが仲介手数料は高くなるから値下げはしたくない。

買う気マンマンの夫婦なので焦らせれば購入するだろうと判断。

だったのかな〜としみじみ(笑)

もし私達が『売主側の業者を探す』を出来ていれば…

★業者さんは売主&買主から仲介手数料を取れる。

★他の業者よりも先に買主を見つけたい。

★多少値下げしてでも自分たちが見つけた買主に買わせたい。

なんてことになって値下げ交渉が成功できたのか〜

なんて妄想。

マイホーム購入前に是非見ておきたいドラマですねw

コメント

タイトルとURLをコピーしました